副業を始めるならクラウドワークス!

知らないと損!Webライターの相場とは?【悪質クライアントに注意】

知らないと損!Webライターの相場とは?【悪質クライアントに注意】 クラウドワークス

クラウドソーシングサイトでWebライターをしてるんだけど、相場ってどのくらいなの?

自分がしてる案件って安すぎたりしないか気になる…

あいびい
あいびい

こんな疑問にお答えします。

クラウドワークスやランサーズでWebライターをしている方にとって相場は気になりますよね。

案件によっても全然金額が違うからいまいち相場はわかりにくい…

私も初心者のころはよくわからず適当に仕事を選んでしまい、後で後悔していました。

「相場より低い金額で仕事をしていないか不安な方」は是非、本記事を読んでみてください。

本記事の内容

Webライターの相場

Webライターの時給を上げる方法

悪質クライアントの応募パターン3つ

本記事を読めば、Webライターの相場がわかるだけでなく、時給を上げることができますよ!

【クラウドソーシング】ライター案件の相場は?

案件によって文字単価が全然違うからいまいち相場がわからない、、、

あいびい
あいびい

ライターの相場は幅が広くて分かりにくいから詳しく解説するね。

よく、利用されているクラウドソーシングサイトは大体この2つ。

クラウドワークス

ランサーズ

それぞれの平均単価を見ていきましょう。

クラウドワークス

クラウドワークスでは文字単価0.1~2円が相場です。

まずライティング案件では、文字単価0.1円~2円ほどが相場です。もちろん翻訳や医学記事といった専門的なものであれば、より高額な価格帯となります

クラウドワークス

ランサーズ

ランサーズではテーマによって3つに相場が分けられています。

一般的なテーマ:0.5円~2.0円

特定のテーマ:0.8円~3.0円

専門的なテーマ:1.2円~5.0円

引用:ランサーズ

あいびい
あいびい

テーマによって最大4.5円も文字単価に差があるのがわかるね!

文字単価の相場に幅がある理由

相場が広いのは「ライターのスキル・経歴」に差があるから。

実際には、案件の金額は3つのポイントで決まります。

ライターのスキル・経歴

納品期限

仕事の分量

この中で文字単価に一番影響を与えるのは「ライターのスキル・経歴」です。

「専門知識」「ライター経験5年以上」のような高度なスキルを要求する場合には文字単価が最大5.0円までに跳ね上がることも。

もちろん、納品期限が短かったり、仕事の分量が多い場合は単価が上がりますが、せいぜい文字単価「+0.1円~+0.5円」程度です。

あいびい
あいびい

誰でも書ける記事は安く。専門知識がないと書けない記事は高くなる!

Webライターの時給を上げる方法

今やってる案件は単価が低いんだけど、どうしたら時給を上げられるかな?

あいびい
あいびい

時給を上げるには2つの方法があるよ!

文字単価を上げる2つの方法

文字単価を上げる

書くスピードを上げる

詳しく解説していきます。

文字単価を上げる

まずは、文字単価を上げる方法を解説します。

文字単価を上げるには以下の2つの方法がおすすめ。

専門知識を身につける

複数のクライアントと契約する

比較的簡単に文字単価を上げられるのがこの2つ。

もちろん、ライターとして経験と積んでいけば文字単価を上げることもできますが、特に説明することもないので省きます。

経験を積みつつ、2つの方法を同時にこなしていくと、文字単価アップにつながりますよ!

専門知識を身につける

専門知識があると単価が2~3倍に跳ね上がります。

単価が上がる専門知識

エンジニアの業務経験

税理士資格

薬剤師の国家資格

などなど、、、

もし、社会人経験があるなら、自分の経験に合った案件を探してみましょう。上手くいけばいきなり単価アップにつながりますよ。

資格や業務経験がなくても単価が上がる場合もある

大学で専攻している場合や、ジャンルについて詳しいだけでも単価が上がることも。

インターネットで調べるだけで書けてしまう場合も多いので、少しでも詳しいジャンルがあるなら応募してみる価値アリ!

ただ、専門知識や業務経験と比較すると単価の上り幅は小さいです。

複数のクライアントと契約する

同じような記事を書いていてもクライアントによっては文字単価が違います。

なので、複数のクライアントと契約するのがおすすめ。

一つのクライアントに固執しすぎると損につながる場合もあるので、常により良い条件の案件がないかアンテナを張っておくのが大切ですよ。

あいびい
あいびい

少しでも文字単価が高いクライアントを探そう!

書くスピードを上げる

次に、書くスピードを上げる方法を解説します。

単価を上げるにはクライアントに依存する部分が多く、時給を上げるのは難しいですが、書くスピードは工夫次第で簡単に変えられますよ。

私がおすすめする書くスピードを上げる2つの方法紹介!

書くスピードを上げる2つの方法

得意ジャンルで書く

調べる時間を減らす

詳しく解説していきます。

得意ジャンルで記事を書く

得意ジャンルと不得意ジャンルの記事を書くならどちらが早く書けるでしょうか。

当然「得意ジャンル」ですよね!その理由は2つあります。

得意ジャンルの方が記事を書くのが速い理由

最初から知識があるので、調べる手間が減る

興味があるジャンルだから書いていて楽しい

一方、不得意ジャンルでは「前提知識0だし、書いていても楽しくない」ので文を作る作業になりがち。

なので、書くスピードを上げるには、得意ジャンルで書くのがおすすめです。

あいびい
あいびい

得意ジャンルだと長く続けるときもモチベーションを保ちやすいよ!

信頼できる情報源を確保して調べる時間を減らす

記事を書くスピードを上げるには、本文の執筆時間に目が行きがちですが「調べる時間」も重要です。

人によっては多少変わりますが、調べる時間は1記事を書き上げるのにかかる時間の大分部を占めるポイント。

あいびい
あいびい

私は下調べに一番時間かかってるね!

同じようなテーマであっても、様々な内容の記事を執筆することが多いので、全く調べずに記事を書くのは難しいです。

そのような時に、「この情報ならここからとれば安心」という信頼できる情報源があれば調べる時間を大幅に短くできますよ。

時短の考えすぎには罠がある

時短を意識しすぎると、古い情報を参照をしてしまっていることに気づかず罠にはまってしまうことも。

正確な情報を伝えることは、クライアントからの評価にもつながるので普段からアンテナを張っておくことが大切。

あいびい
あいびい

得意ジャンルなら普段からアンテナを張ってるよね!

悪質クライアントに注意!危険な応募パターン3つ

ここまで解説した話は、信頼できるクライアントだったらの話です。

残念ながらクラウドソーシングサイトでは、ライターを低賃金で雇おうとする悪質クライアントに注意しないといけません。

ここでは、そのような悪質クライアントを見分ける危険な応募パターン3つを解説します。

悪質クライアントの応募パターン3つ

文字単価が極端に安い

本契約と異なる条件でテスト記事を求める

LINEでのやりとりを求める

それぞれ、詳しく解説します。

文字単価が極端に安い

文字単価が極端に安い案件は注意してください。

上記では、文字単価の相場は最低0.1円~となっていますが、初心者のスキル向上が目的でも低すぎです。せめて0.5円~の案件を受けましょう。

ランサーズでも、低単価の案件はスキル教育が目的であっても、適切ではないと公式が解答しています。

あまりにも低単価なライティング(記事作成)依頼について

ライティング(記事作成)初心者向けに、手厚いサポートやマニュアルによってスキルの向上ができると、「1記事あたり50円(文字単価:0.02円)」等、非常に低単価なライティング(記事作成)依頼が散見されています。
(中略)
ランサーズでは、ランサー様のライティング(記事作成)スキル教育という主旨があったとしても、あまりに低単価なご依頼は適切ではないと考えております。

ランサーズ

本契約と異なる条件でテスト記事を求める

テストライティングと称して、本契約とは異なる条件で記事を納品させる案件も注意が必要です。

怪しい案件の例

1文字2.0円で1記事3000文字を発注。テストは1記事1000円で!

このような案件は、ぱっと見ではライターのスキルを図るために必要なフローに見えますよね。

でも、これが悪質クライアントの罠。

このような案件を見ると初心者ライターはこう考えるはず。

ちょっと怪しいけど、テストだし、いいか!

という気にさせるのが上手いんです。

案件の内容もしっかり「文字数」「記事の発注数」まで書かれてあります。

怪しい案件の例

1記事3000文字以上

毎週2記事、月10記事以上発注

こう書かれていると、「月にいくら稼げるのか」という点に目が行きがちですよね。

なので、本契約とテストライティングの条件が違いすぎる案件は注意してください。

あいびい
あいびい

私は、テスト→本契約に進んだ案件もあるから、信頼できるクライアントを見分けるのが大事!

補足:テストライティングを受ける絶対条件

仮払い後

本契約の金額から0.8倍以上の条件(本契約が1000円なら800円以上)

LINEでのやりとりを求める

LINEでのやりとりを求めてくるクライアントには注意してください。

LINE以外にも、メールを求めてくる場合もあり、個人情報の取得を目的にしている可能性が高いです。

中には、「スマホだけで月50万」「スキマ時間にコピペだけ」などで人を集め、有料の情報商材の売り付けを目的としたクライアントもいます。

あいびい
あいびい

興味本位で応募してみたら、LINEライブで情報商材の宣伝動画を見させられたよ!

そもそも、クラウドワークスでは契約前の直接連絡を禁止しているので、契約前にLINEを聞いてくるクライアントは注意してください。

当サービスでは、利用規約、並びに仕事依頼ガイドラインにて、
メンバー保護のためにも契約前の直接連絡を禁止しております。

そのため、サービス上での契約が締結(仮払い完了)されるまでは、
SkypeIDやメールアドレス、電話番号、チャットワークID、LINE IDなど、
サービス外での直接の連絡先を交換しないようお願いいたします。

クラウドワークス

まとめ:損をしないためにも相場は知っておこう

本記事ではWebライターの相場について解説しました。

本記事のまとめ

Webライターの相場はスキルに依存するため幅が広い

時給を上げるなら「文字単価」「書くスピード」をあげる

悪質クライアントの応募パターン3つに注意

手軽にWebライターの仕事を獲得できるが魅力なクラウドソーシングサイト。

ただし、相場の幅が広く、最初の頃は時給にすると100円とか300円とかになってしまいがち、、、

もし、そのような人は本記事で紹介した「時給を上げる方法」を実践してみてください。

コツコツ積み上げていけば、スキマ時間だけでも月に3~5万円稼ぐには難しくありませんよ。

あいびい
あいびい

悪質クライアントに騙されないようにね!