副業を始めるならクラウドワークス!

【クラウドワークス】初心者向け!副業Webライターとして稼ぐ方法

クラウドワークスを使って未経験でも稼ぐ方法 クラウドワークス
疑問
疑問

クラウドワークスでWebライターを始めたいんだけど、どうやればいいのか分からない…

初心者でも副業として稼ぐことはできるの?

あいびい
あいびい

こんなお悩みを解決します。

私も未経験の大学生でしたが、月5万円を副業として稼ぐことができました。今回はその方法を解説します。

本記事の内容

クラウドワークスのメリット・デメリット

・クラウドワークスの口コミ

クラウドワークスの始め方

【失敗しない】応募メッセージの書き方

クラウドワークスの収入を上げる方法

クラウドワークスでは誰でも副業を収入を得ることができるクラウドソーシングサービス。

なぜなら、何の知識も無い大学生でも獲得できる仕事が豊富にあるからです。



ただ私自身、クラウドワークスでライターを始めた時は、月1000円程度稼ぐのがやっと、、、

しかし、コツコツ実績を積み上げていった結果、最大で月5万円を得ることができました。



月3~5万円でも副業収入があると、毎日コンビニスイーツを買えるくらいは生活にゆとりが持てるので、幸福度があがりますよ。

クラウドワークスは仕事のマッチングサービス

クラウドワークスは「仕事を発注する人」「仕事をしたい人」をマッチングさせるサービス

仕事内容も幅広く、「ライティング・データ入力」などの誰でもできる案件から「ホームページ作成・アプリ開発」などの専門知識が必要な案件まであります。

ソコン1台さえあれば誰でもお金を稼ぐことができるので、副業を始めたい方におすすめのサービスです。

\ 登録無料!副業を初める第一歩はコレ /

初心者でも案件を獲得できる?

誰でもできる案件があるといっても「初心者が案件を獲得するのは難しいんでしょ。」と思いますよね。

しかし、クラウドワークスでは初心者でも問題なし!躊躇せずにどんどん応募していってOK。

実際に私も、未経験の状態から案件を獲得できていたので、そこは安心しても大丈夫です。

あいびい
あいびい

最初の一歩さえ踏み出せれば必ず稼げるよ!

関連記事>>【クラウドワークス】初心者ライターでも仕事は貰える?選ぶべき案件も解説!

クラウドワークスのメリット・デメリット

初めて利用するサービスって本当に安全なのか不安ですよね。

私も実際に仕事をする前は「報酬がきちんと貰えるのかな?」と不安でした。

しかし、クラウドワークスのメリット・デメリットを事前に知って置くと安心して始めることができますよ。

クラウドワークスのメリット

クラウドワークスはライティングやデータ入力など、誰でも応募可能な案件があるため未経験でも仕事ができるのが特徴です。

また、ランサーズと比較しても案件数が豊富なのでやりたい仕事を選ぶことができます。

●「ライティング」と検索すると(2020年7月現在)、クラウドワークスでは1,412件、ランサーズでは194件ヒットしました。
●「作業」と検索すると(2020年7月現在)、クラウドワークスでは3,449件、ランサーズでは1,056件ヒットしました。

【徹底比較】ランサーズとクラウドワークスどっちがいいの?案件数・手数料・信頼性にも注目

実際に仕事を開始する前にクライアントが仮払い(全額)を行うので、仕事をしたのに報酬が支払われないことがないので安心です。

クラウドワークスのメリット

・未経験でも仕事ができる

案件が豊富だから仕事が選べる

エスクロー(仮払い)で報酬の未払いが防げる

クラウドワークスのデメリット

クラウドワークスは案件数が多く誰でも簡単に仕事が始められる反面、低単価の案件が多いデメリットもあります。

ライティング案件であれば文字単価0.1円のものも多く、たとえ3000文字書いても300円しか稼げないのは辛いですよね。

また、クラウドワークスではシステム手数料として一定額が差し引かれます。

クラウドワークスの手数料

20万円~:報酬額の5%

10万円~20万円:報酬額の10%

~10万円以下の部分:報酬額の20%

1万円稼いでも2,000円が手数料として差し引かれてしまうので「手数料が高い」といった印象を持つ人も多いです。

クラウドワークスのデメリット

・低単価の案件が多い

・手数料が高い

関連記事>>クラウドワークスの登録方法は?メリット・デメリットも解説!

クラウドワークスの口コミ・評判

「メリット・デメリットだけじゃまだ怖い!」という方のために、クラウドワークスの口コミを紹介します。

あいびい
あいびい

実際に使っている人ならではの口コミなので参考になるよ!

自分のスキルを活かして稼ぐにはちょうど良いし、案件の数が多いので必ず毎日できる案件が見つかるので初心者も始めやすい。長らく続けてやると実績も上がり、続ける価値がある。

女性23歳 利用期間: 1〜2週間程度 クラウドワークスの口コミ・評価の詳細(ID: 4702)

自分の好きな時間、場所で働けるのは大変働きやすい。周りがどんな環境であろうと、自分さえ良ければ誰にも迷惑をかけずに働ける。海外に出ることが多いのですが、海外でもやろうと思えば働けるので大変便利です。

女性40歳 利用期間: 2年程度 クラウドワークスの口コミ・評価の詳細(ID: 4260)

安心できる案件の見極めが非常に難しく、トラブルに巻き込まれる可能性がかなり高いと感じました。 見るからに違反な案件も放置されていたりするので、危険だと感じます。

女性27歳 利用期間: 3ヶ月程度 クラウドワークスの口コミ・評価の詳細(ID: 4718)

せっかく稼いでも、20%は仲介料としてもっていかれ、また、現金振り込み料として楽天銀行以外は500円くらいは取られるから。

女性42歳 利用期間: 1年程度 クラウドワークスの口コミ・評価の詳細(ID: 4714)

相手との交渉の手間、作業の報酬の単価、トラブル等問題発生時のリスクを考えると、ごく一部の優秀な人以外にとっては割に合わないのでは?と思います。

男性32歳 利用期間: 2年程度 クラウドワークスの口コミ・評価の詳細(ID: 4716)

案件数の多さや仕事の始めやすさに対しては高評価を得ている口コミが多かったです。

一方で手数料の高さ、安全性に対しては不満を抱いている口コミが見られました。

しかし、クラウドワークスを利用しなければ「案件探し・契約書・請求書の作成」を自分でする必要があります。

また、仮払いシステムで報酬が保証されていることを考えると決して高くはない手数料です。

あいびい
あいびい

クラウドワークスがないと、どこで案件を探せばいいかわからないよ…

口コミまとめ

・案件数が多いのでスキルを活かして稼ぎやすい

・自由な時間、場所で稼げる

・安全な案件の見極めが難しい

・手数料20%が高い

・仕事のわりに単価が割に合わない

クラウドワークスの登録方法

クラウドワークスに登録する方法を7枚の画像付きで解説

また、案件の獲得に重要なプロフィール登録も紹介しているので、まだ記入していない方は参考にしてください。

クラウドワークスの登録手順
  • STEP1
    クラウドワークスへアクセス。
    「メールアドレスを入力」→「会員登録する(無料)」をクリック。
    クラウドワークスの登録方法
  • STEP2
    登録したメールアドレス宛にメールが送信されます。
    クラウドワークスの登録方法
  • STEP3
    受信ボックスからメールを開き、URLをクリック。
    (受信ボックスになければ、迷惑メールフォルダもチェック)
    クラウドワークス登録方法
  • STEP4
    「ユーザー名・パスワード・主な利用方法」を入力。
    クラウドワークス登録方法
  • STEP5
    職種を選択。
    (初心者なら、簡単在宅ワーカーがおすすめ)
    クラウドワークス登録方法
  • STEP6
    自分にあった職種を選択。
    クラウドワークス登録方法
  • STEP7
    「個人/法人・指名・郵便番号・都道府県・利用規約」を入力し、「入力内容を確認する」をクリック。
    クラウドワークス登録方法

    これでクラウドワークスの登録が完了しました。

【稼ぎたいなら必須】プロフィールの登録方法

クラウドワークスではプロフィールに14項目の登録ができます。

少し多いので面倒と感じるかもしれませんが、案件を獲得するのに必要な作業です。

後々「案件が取れない」と悩む前に登録しておくことをおすすめします。

プロフィール登録できる14項目

・メンバー情報編集

・スキル登録・スキル検定

・ポートフォリオ・経歴登録

・プロクラウドワーカー

・NDA(秘密保持契約)

・基本情報編集

・本人確認書類提出

・振込先口座登録

・外部サービス連携

・非表示クライアント一覧

・メッセージテンプレート一覧

・メールアドレス・パスワード編集

・通知設定

・公開設定変更

14項目の中で特に大切なのはポートフォリオ。実績がある人なら登録しておかないと損です。

もし、実績が無くても徐々に積み上げて行けばOKなので安心してください。

項目毎の記入方法は下の記事で解説しています。

関連記事>>【クラウドワークス】プロフィール登録方法を徹底解説!【案件獲得に必須!】

ポートフォリオの作り方

ポートフォリオは簡単に言うと作品集

クライアントにあなたのスキルを示すのに大切なものなので、登録しておきましょう。

ポートフォリオになるもの

・自分が運営しているブログ記事

・過去の執筆記事

・サンプル記事

とはいえ、初心者の人にとっては「そんなものないよ!」と思いますよね。

ですが、心配しなくてOK。ここで紹介する2つのコツを実践するだけでポートフォリオを作ることができます。

初心者がポートフォリオを作る2つのコツ

・低単価の案件で数をこなす

・得意ジャンルを作る

2つのコツに関して詳しくは下の記事で解説しています。

関連記事>>【クラウドワークス】初心者ライターがポートフォリオを作る方法

【簡単】案件に応募する方法

クラウドワークスでは簡単に案件に応募することができます。

応募方法

仕事を探す→気になる案件を見つける→応募ボタンからメッセージを送信

これだけでOK。

ただし、クラウドワークスでは「タスク・コンペ・プロジェクト」の3種類の仕事の形式があり、少しずつ手順が異なります。

簡単に説明すると、プロジェクト形式はクライアントと交渉しなければいけないため、応募から仕事の開始までに数日必要です。

しかし、コンペ・タスク形式はクライアントと交渉する手間がなく、スムーズに仕事を行うことができます。

あいびい
あいびい

自分のタイミングですぐに仕事ができるのがタスク・コンペ形式だよ!

詳しくは下の記事で解説しています。

関連記事>>【初心者向け】クラウドワークスの応募方法【手順を間違えると失敗します】

応募メッセージの書き方

案件の獲得に応募メッセージは最重要

なぜなら、応募メッセージはクライアントからの第一印象に大きく関わるからです。

どれだけ実績がある人でも、態度が悪かったりマナーが悪い人とは一緒に仕事をしたくないですよね。

印象の良い応募メッセージは、以下通りに書くとOK。

募メッセージの書き方5STEP

1.応募条件を確認

2.自己紹介

3.スキル・実績

4.納期・対応可能な時間

5.最後に一言

応募メッセージには「どんな人なのか、何ができるのか、何をしてきたか」をしっかりと伝えることが大切です。

詳しい応募メッセージの書き方は下の記事で解説しています。

関連記事>>【クラウドワークス】応募メッセージの書き方を解説!おすすめ案件も紹介【初心者必見】

【クラウドワークス】案件の選び方

クラウドワークスで稼ぎたいなら案件の選び方は大切です。

なぜなら、悪質なクライアントに引っかかってしまうと、低賃金で仕事をさせられることになってしまうからです。

低すぎる単価の案件が続くと全く稼ぐことができず、モチベーションが下がってしまいます。

ただし、初心者にとってはどんな案件を選べば良いか分からないと思うので簡単な指標を紹介します。

案件を選ぶときに見た方が良い項目

取りあえずここを見とけばOKという基準を5つ紹介。

実際に私もこの指標で案件を選んでいたので、困ったときは参考にしてみてください。

・クライアントの評価:★4以上

・プロジェクト完了率:80%以上

・スカウト案件があるか:ないと怪しい

・アイコンの設定がされている

・本人確認済み&発注ルールチェック済み

悪質クライアントの見分け方

残念ながらクラウドワークスにはワーカーを騙そうとしている悪質クライアントもいます。

最近では悪質クライアントも工夫を凝らしていて、応募分だけでは判別が難しいことが多いです。

ただし、これだけは危険という応募パターンが3つあるので紹介します。

悪質クライアントの応募パターン3つ

文字単価が極端に安い

本契約と異なる条件でテスト記事を求める

LINEでのやりとりを求める

関連記事>>知らないと損!Webライターの相場とは?【悪質クライアントに注意】

【クラウドワークス】収入を上げる方法

初心者のときは文字単価が低い案件でも、実績のためと妥協していたかも知れません。

しかし、だんだん仕事に慣れてくると収入を上げたくなりますよね。

そこでWebライターの収入を上げる2つの方法を紹介。

・時給を上げる

・文字単価を上げる

それぞれ、詳しく解説します。

時給を上げる

4時間で1記事書き上げていたものを2時間出かけるようになれば、単純計算で時給は2倍になります。

自分だけで改善できるため、クライアントと交渉する必要もありません。

なので、請け負っている案件があるならすぐに実践できますよ。

時給を上げる3つの方法

・得意ジャンルで記事を書く

・信頼できる情報源を確保して調べる時間を減らす

・タイピング速度を上げる

得意ジャンルで記事を書く

得意ジャンルで記事を書くと不得意ジャンルより記事を書くより早く書くことができます。

なぜなら、事前知識がある方が調べる時間が減るから。

また、自分の趣味を得意ジャンルにするとモチベーションの維持にも繋がるので「楽しく長く稼ぐことができます」

調べる時間を減らす

作業時間の短縮を考えていると、本文のライティング時間に目が行きがちです。

しかし、実は調べる時間の割合は結構大きい

同じようなテーマであっても、様々な内容の記事を書くことになるので調べる時間は必要。

そのようなときに「この情報はここからとればOK」という信頼できる情報源を持っていると時間短縮に大きく繋がります。

タイピング速度を上げる

タイピング速度が遅いと、当然記事を書く時間も長くなってしまいます。

意識して速度を上げる練習をした方が上達が早いので、毎日少しずつで良いので練習をしましょう。

タイピングの練習にはe-typingがおすすめ。

毎日1回でもいいので、時間を決めて取り掛かりましょう。

文字単価を上げる

実績、スキルが十分に積み上がってきたら文字単価を上げるのがおすすめ。

ただし、「クライアントとの交渉・案件獲得」を行う必要があるため、少し難しいです。

ですが、文字単価を上げられると一気に収入アップが見込めるので、試してみる価値あり。

文字単価を上げる3つの方法

・ジャンルを絞る

・複数のクライアントと契約する

・ブログを始める

それぞれ、詳しく解説します。

1~2個に得意ジャンルを絞る

上記で解説した「得意ジャンルで記事を書く」と少し似ています。

得意ジャンルを1~2個に絞って案件を獲得していくと、専門性が高くなるため「好条件・高確率」で案件を獲得できるように。

ただし、ジャンルを絞ると応募できる案件には制限ができるので、日々の案件探しが大切になります。

あいびい
あいびい

広く浅い関係より、狭く深い関係を作るのが単価UPのコツ!

複数のクライアントと契約する

仕事の分量がほとんど同じでもクライアントによって単価が全く違うケースがあります。

なので、複数のクライアントと契約しておいて、条件が良い方を残していくのがベスト。

一つのクライアントに固執しすぎると損につながる場合もあるので、常により良い条件の案件がないかアンテナを張っておくのが大切です。

ブログで専門知識を学ぶ

専門知識はWebライターで稼ぎたいなら必須

ブログを始めると記事を書く練習が思う存分できますし、Wordpressを使ってブログを立ち上げれば専門知識も学べます。

また、自身のブログをポートフォリオにできるのでスキルの証明にも繋がりますよ。

ブログを始めるメリット

・WordPressの基礎知識が学べる

・【SEO】記事を書く練習ができる

・ブログがあるとスキルの証明につながる

関連記事>>【クラウドワークス】Webライターの収入は?収入を上げる方法も解説!

関連記事>>知らないと損!Webライターの相場とは?【悪質クライアントに注意】

初心者に一番おすすめなのはWebライティング

Webライティングは誰でも簡単に始めることができるので初心者におすすめ。

Webライティングは専門知識が必要がなく、仕事をする時間も選べるので学生・主婦でもできるのが魅力です。

ただし、文字単価の高い案件ではWordPressや各ジャンルの専門知識が必要になります。


「書き方がわからない!」という方は下の記事でライティング手順を解説しています。

ライティング手順を解説!初心者ライターがよくやる間違いとは?

まとめ:副業を始めたいならクラウドワークスがベスト

本記事ではクラウドワークスの始め方から収入を上げる方法を解説しました。

私がクラウドワークスでWebライターを始めたときに欲しかった情報をまとめたので、少しでも役に立てれば幸いです。

本記事のまとめ

・クラウドワークスは仕事のマッチングサービス

・誰でも稼ぐことはできるが、案件選びが大変

・稼ぎたいならプロフィールは充実させる

・ライティング手順を間違えると「スキル・収入」が上がらない

・収入を上げるなら「文字単価・スピード」を上げろ

\ 登録無料!副業を初める第一歩はコレ /