副業を始めるならクラウドワークス!

【30分で完了】ConoHa WINGでWordPressブログを始める方法を解説!

WordpressとConoHa WINGでブログを始める方法 Wordpressブログの作り方
疑問
疑問

ブログを始めるならConoHa WINGが良いって聞いたんだけど本当?

あと、ブログ作るの初めてよくわかってないんだけど大丈夫?

あいびい
あいびい

こんなお悩みを解決します。

本記事ではConoHa WINGでWordpressブログを開設する方法を解説しています。

本記事の内容

・ConoHa WINGでブログを開設する全体像

・レンタルサーバー契約手順

・独自ドメイン取得手順

・Wordpressインストール手順

・独自SSLを有効化する方法

この記事を書いた人

ConoHa WINGの「Wordpressかんたんセットアップ」を使えば30分で誰でもWordpressブログを開設できます。



私もブログを始める前は「サーバー・ドメインって何?」という状態で、ブログを立ち上げるまでに1日費やした思い出も。

しかし、レンタルサーバーの機能が増えたこともあり、誰でも簡単にWordpressブログを始めることが可能です。



ブログをやれば文章を書く練習ができるので、面倒な課題やレポートも簡単に書けるようになりますよ。

  • 表示スピードに悩んでる方にオススメ
  • 操作も簡単で初心者でも安心
  • 毎月1,000円以下で高パフォーマンス
WINGパックを選ぶと12/11まで最大50%OFF

ConoHa WINGでブログを開設する全体像

まずはブログを開設する流れを簡単に解説します。

ブログ開設に必要なもの3つ

ブログを始めるのに必要なものは3つ。

・サーバー

・ドメイン

・Wordpress

サーバー、ドメインという言葉を知らない方のために補足すると「土地・住所・家」に例えるとわかりやすいです。

まぁよくある例ですね(笑)

サーバー:ネット上の「土地」
ドメイン:ネット上の「住所」
WordPress:ネット上の「家」

つまり、サーバー(=土地)を借りドメイン(=住所)を決めて、WordPress(=家)を建てるという流れでブログを開設できます。

あいびい
あいびい

全体像を把握できると分かりやすくなるよ!

ブログ開設に必要な費用

WordPressでブログを作るために必要な費用は主に2つ。

サーバー:初期費用+毎月の利用料

ドメイン:年間の利用料

この2つはブログを運営し続ける限り必要になります。

あいびい
あいびい

サーバーとドメインはランニングコスト(維持費)がかかる

選ぶサービスにより料金が多少前後しますが、大体このくらい。

・初期費用(サーバー):約1,000円~3,000円

・毎月の利用料(サーバー):約500円~1,000円

・年間の利用料(ドメイン):約1,000~2,000円

あいびい
あいびい

ざっくり言うと、毎月1,000円くらいかかるよ!

ConoHa WINGを選ぶ理由

今回は、ConoHa WINGというレンタルサーバーを契約します。

他にもレンタルサーバーはたくさんあるのですが、ConoHa WINGを選んだ理由を3つほど紹介。

・初期費用無料

・独自ドメインが永久無料

・Wordpressのインストールが簡単

ConoHa WINGの「WINGパック」を選ぶと、先ほど解説した費用の「初期費用+ドメイン料金」が0円で済みます。

あいびい
あいびい

特に、毎年かかるドメイン料金がなくなるのは大きい!

なので、「ブログは始めたいけど、できるだけお金はかけたくない…」という方におすすめ。

「Wordpresssかんたんセットアップ」もあるので、面倒な手間をかけずにWordpresssのインストールもできますよ。

あいびい
あいびい

できるだけ安く、できるだけ手間を減らすという理由で選びました。

また、実際にブログを作ってみないと分かりにくいですが、ConoHa WINGはWebサーバーの処理速度が圧倒的に速いです。

国内レンタルサーバーサービスの中でWebサーバー処理速度を調査したところ、ConoHa WINGの処理速度が最も速く、2位に約2倍の差をつけて第1位という結果となりました。

Conoha WING
あいびい
あいびい

このWebサーバーの処理速度が大切なんです!

補足:Webサーバーの処理速度が大切な理由

ブログを始める前は「速いと何がいいの?」となると思いますが、実はめちゃくちゃ重要。

なぜなら、サーバーの処理速度が速いとブログの表示スピードも上がり、読者の離脱を防ぐだけでなくSEO対策にもなるからです。

あいびい
あいびい

ページの読み込みが全然終わらなくてイライラした経験ありませんか?

ちなみに、SEO対策は検索エンジン対策の略なんですが、Googleからの評価を上げる対策と思ってもらえればOK。

SEO対策は内部対策、外部対策だったりといろいろあるんですが、話し始めると1万字軽く超えるのでここでは省きます。

あいびい
あいびい

正直、今の段階で考えることではないので無視してOK

ブログ開設への作業ステップ

全く何もしていない状態からブログを開設するまでに必要なのは次の4STEP。

1.レンタルサーバー契約(ConoHa WING)

2.独自ドメイン取得

3.Wordpressインストール

4.独自SSLを有効化

少し長くなるので機械が苦手な方にとっては辛いかもしれませんが、画像を付けて解説するので見比べながら頑張りましょう。

STEP1|レンタルサーバーに契約する

レンタルサーバーに契約する
  • ConoHa WINGにアクセスする

    「初めてご利用の方」のフォームに以下の3つを入力します。

    ①:メールアドレスを入力

    ②:メールアドレスを再入力

    ③:パスワードを入力

    入力し終えたら「次へ」をクリック。

  • レンタルサーバーの契約プランを選択する

    ここでは3つの設定を行います。

    ①:料金タイプ

    ②:契約期間・プラン

    ③:初期ドメイン、サーバー名

    ①:必ず独自ドメインが無料になる「WINGパック」を必ず選んでください。

    ②:契約期間は「3・6・12・24・36」か月から選べます。

    長い方が月額料金はお得になっていく仕組みですが、ひとまず12か月がおすすめです。

    なぜなら、ブログで収益を出すには3・6か月では短すぎるし、24・36か月では継続できるかわからないから。

    あいびい
    あいびい

    ブログで収益を出すには早くても3か月はかかるよ。

    だから、辞めていく人も多いんだよね。

    プランは「ベーシック」がおすすめです。

    ConoHa WINGならいつでもプランを変えられるので、一度ブログ運営してみてアクセスが増えたらプランを上げればOK。

    あいびい
    あいびい

    余程のことがない限りはベーシックで問題ないよ!

    ③:初期ドメイン、サーバー名は自由に決めてOK。

    ここで決める初期ドメインは「独自ドメイン」とは違うので注意してください。



    次に、下の方にスクロールしていくと「Wordpress」のタブが出てくるのでクリック。

    あいびい
    あいびい

    見落としやすいので注意!

    私はやらかして作業が増えました。

    ここで「Wordpressかんたんセットアップ」を利用すると、この後解説する「ドメイン取得WordPressインストール」はスキップできます。

    WordPressのインストールには4つの必要事項を入力します。

    ・作成サイト名:作りたいブログの名前

    ・作成サイト用新規ドメイン:これが独自ドメイン(WINGパックは無料)

    ・Wordpressユーザー名:Wordpressのログインに使うユーザー名

    ・Wordpressパスワード:Wordpressのログインに使うパスワード

    独自ドメインは後から変更できないのでじっくり考えましょう。

    ただし、独自ドメインは早い者勝ちになっており、既に使用されている場合は使えません。

    もし、使えなかったら「.com」「.net」「.jp」などのトップレベルドメインを変えるといいですよ。

    あいびい
    あいびい

    でも、あんまり知られてないような「.xyz」みたいなのは読者に不安感を与えるので止めておきましょう。

    ちなみに、有名ドメインを選ぶと年間の料金が倍くらいになりますが、WINGパックであればどれを選んでも無料です。

    なので、できるだけ高いやつを買っておくのがお得ですよ。(無料になるんだし)

  • お客様情報を入力する

    あなたの情報を入力していきます。

    必須の部分だけでOKなので、サクッと書きましょう。

    入力事項は以下の9つ。

    ・種別

    ・氏名

    ・生年月日

    ・国

    ・郵便番号

    ・都道府県

    ・市・区

    ・町村番号

    ・電話番号

    入力したら「次へ」をクリック。

    (もし、不足があるとボタンがグレーアウトします。)

  • SMS認証を行う

    SMS認証では

    ①:電話番号を入力

    ②:SMS認証をクリック

    するだけでOK。

    ショートメッセージに届いた4桁の「認証コード」を入力して送信すると認証が完了します。

  • お支払い方法を選択する

    お支払い方法は2種類。

    ・クレジットカード:おすすめ

    ・Conohaチャージ:前払い方式

    クレジットカードを持っているなら「クレジットカード」の方が手っ取り早いのでおすすめ。

    もし、クレジットカードを持っていないなら「ConoHaチャージ」で支払いできます。

    ちなみに、ConoHaチャージは「クレジット/デビットカード・オンライン決済・銀行決済・コンビニ支払い」から選べますよ。

    支払い方法を入力して「お申込み」をクリックすればConoHa WINGの契約が完了です。

STEP2|独自ドメイン取得

STEP1で「Wordpressかんたんセットアップ」を利用していればこの操作は不要です。

もし、複数ブログを運営したくなったら以下の手順でドメインを追加で取得すればOK。

あいびい
あいびい

2個目以降のドメインは無料にならないので注意!

ドメイン取得手順
  • ConoHa WINGのコントロールパネルにアクセスする

    ここでは以下の手順で操作します。

    ①:サイドバーから「ドメイン」を選択

    ②:「ドメイン取得」をクリック

    するとドメイン取得ページに移動します。

  • 取得したいドメイン名を入力する

    取得したいドメイン名を空欄に入力してください。

  • 取得したいドメイン名をカートに入れる

    取得したいドメイン名があれば「カートに追加」します。

    トップレベルドメインは「.com」「.net」「.jp」など有名ドメインを選びましょう。

    見たこともないようなドメインだとブログの読者が不安になることがあるので。

  • 登録情報を入力する

    STEP1でも入力した登録情報を再度入力(一度入力したことがあれば勝手に入れてくれます)

    入力後は「次へ」をクリック。

    もし、「次へ」がグレーアウトして選択できないときは、入力し忘れている項目があるので再度確認してください。

  • お支払い方法を選択する

    クレジットカードを登録していれば「カードを選択→決済」をクリックするだけです。

    これで、ドメインを取得できました。

  • 取得したドメインを追加する

    最後に取得したドメインを以下の手順で追加すれば完了です。

    ①:「サーバー管理」をクリック

    ②:「ドメイン」をクリック

    ③:「+ドメイン」をクリック

    ④:「新規ドメイン追加」→「取得したドメインを入力」→「利用する」

    ⑤:「保存」をクリック

    ここで1つ注意点。

    ドメインを入力するときに「間違ったドメイン名」を入れてしまっても追加できますが、何も操作はできません。

    なので、ドメインの追加が上手くいかないときは「ドメイン名」を再度確認してください。

    あいびい
    あいびい

    まぎらわしい仕様なんだよね。

STEP3|Wordpressインストール

STEP1で「Wordpressかんたんセットアップ」を利用していればこの操作は不要です。

WordPressインストール手順
  • コントロールパネルにアクセス

    以下の手順で操作します。

    ①:「サイト管理」をクリック

    ②:「サイト設定」をクリック

    ③:「アプリケーションインストール」をクリック

    ④:「+アプリケーション」をクリック

  • 必要事項を入力する

    自動で入力されているところはそのままでOK。

    以下の8つだけ設定してください。

    ・アプリケーション:Wordpress

    ・インストール方法:新規インストール

    ・バージョン:5.5.1

    ・サイト名:あなたのブログに付ける名前

    ・メールアドレス:PW再設定用

    ・ユーザー名:Wordpressログインに使うユーザー名

    ・パスワード:Wordpressのログインに使うパスワード

    ・パスワード(データベース):データベースユーザーのパスワード

    「URL」は設定しても、しなくてもOK。

    あいびい
    あいびい

    私はURL設定してないです。

    必要事項を入力し終えたら「保存」をクリック。

  • 正常にインストールできたか確認

    ステータスが「稼働中」になっていればWordpressのインストールが正常にできています。

    ここで確認しなければいけないのは以下の2つ。

    ・サイトURL:自分のサイトのURL

    ・管理画面URL:WordpressにログインするためのURL

    この2つは頻繁にアクセスするURLになるので、パソコンにブックマークしておきましょう。

STEP4|独自SSLを有効化

独自SSLを有効化する手順
  • ConoHa WINGのコントロールパネルにログイン

    以下の手順で操作します。

    ①:「サイト管理」をクリック

    ②:「サイトセキュリティ」をクリック

    ③:独自SSLをクリック

    ④:「無料独自SSL」タブを開く

    ⑤:利用設定を「ON」にする

  • アプリケーション画面を開く

    「コントロールパネル→サイト管理→サイト設定」で開けます。

    かんたんSSL化から「SSL有効化」をクリック。

    これで「独自SSL有効化」が完了しました。

WordPressの管理画面にアクセスしてみる

先ほど確認した「管理画面URL」にアクセスしてみましょう。

すると以下のようなWordpress管理画面が開きます。

この管理画面から記事を書いたり、ブログのカスタマイズができます。

次に「サイトURL」を開いてみましょう。以下のページが表示されるはずです。

これがあなたのブログの公開ページになります。

あいびい
あいびい

ここからがブログのスタート!

自分だけのブログを作っていきましょう。

まとめ:ConoHa WING×Wordpressでブログを始めよう

本記事で解説した通りConoHa WINGでは簡単にWordpressでブログを始めることができます。

実際に「ドメイン取得~Wordpressをインストール」までが一括で行えるのは大きなメリット。

他のレンタルサーバーと比較しても「Wordpressでブログを開設する作業」はかなり簡単になっています。

あいびい
あいびい

他のレンタルサーバーだと複数のサイトを利用しないといけないんだよね。

手順をおさらいするとこんな感じ。

1.ConoHa WINGに申し込む

2.独自ドメインを取得

3.Wordpressをインストール

4.独自SSLを有効化

「Wordpressかんたんセットアップ」を使うと「2・3」の手順を省略できるので便利です。

本記事でも軽く触れましたがConoHa WINGはブログ開設が簡単なだけでなく、

・独自ドメインが永久無料

・初期費用0円

・通常料金より最大46%お得

とお財布にも優しいですよ。



今なら、ConoHa WING 2周年記念キャンペーンが2020年11月6日まで実施中です。

12か月以上でWINGパックを契約すると20%OFFで利用できるので、早くやらなきゃ損ですよ!

あいびい
あいびい

私が契約した時より毎月300円くらい安くなってる…羨ましい~

\ 圧倒的速度を誇るコスパ最強のサーバーはこれ! /
  • 表示スピードに悩んでる方にオススメ
  • 操作も簡単で初心者でも安心
  • 毎月1,000円以下で高パフォーマンス
WINGパックを選ぶと12/11まで最大50%OFF